美味しいお店はどんな店か

2月は「逃げる」とは
よく言ったもので

あっという間に
2月が終わってしまいました。

本日から3月です。



先日
名古屋の同期の弁護士が
京都に出張だったので

会って食事をしました。




同弁護士は
予約がなかなか取れないお店に
興味があるようで

予約がなかなか取れないというお店をあげ

ここのお店を知っているか
ここはどうか

と聞かれました。

私は全然知らなかったので
知らないと言うと

せっかく京都にいるのに
もったいない

と言われました。





なるほど

京都には本当にたくさんの
美味しいと言われるお店があるのだと思います。



でも私は
いろいろな美味しいと言われるお店を巡ることには
今のところ
あまり興味がありません。



飲食店で
ご飯を美味しく食べるための
重要な要素の一つに

接客

があると思います。



どんなに料理そのものが美味しくても
接客がよくなければ

ご飯を美味しく感じられないのでは
ないでしょうか。



ですので
私はどうしても

お店の居心地のよさを重視してしまいます。

そのため
新しいお店を開拓するより
馴染みのお店に足が向きます。




お店の方と楽しく会話できることで
料理もより一層美味しく感じられます。

美味しいお店とは
単に料理が美味しいお店ではないと思うのです。






[PR]
by t-nishimura-kflo | 2017-03-01 14:38 | 雑記

京都の弁護士西村友彦が日々考えたことなどを書いています。


by t-nishimura-kflo
プロフィールを見る