法律上の争訟①

民事裁判においては

原告の請求が認められるかどうか

ということが争われます。


貸金返還請求であれば
お金を貸した事実があるのか
いくら貸したのか
いつ返すことになっていたのか

などに関する原告の主張内容が
正しいのかどうか

が判断されます。



しかし
その前に

訴えの要件というものを
充たしている必要があります。


訴えの要件には
様々なものがあるのですが

ここでは2回に分けて

「法律上の争訟性」(裁判所法3条)

という要件が問題となった

現実に
私が他の弁護士3名と共に担当した事件について
書いてみたいと思います。




事案は

あるお寺(J寺とします)の
代表役員(住職)であったF(故人)から
寺の寺務一切を任されていたY(私の依頼者)が

本山の管長(法主)Aが任命した
J寺の新代表役員(住職)Xより

Yは権限なくJ寺を占有(支配)しているから
J寺を明け渡せという請求を受けた


というものでした。


Fは昭和57年段階で
本山の管長(法主)Aから
住職罷免の処分を受けており

法人登記上は
Fの後に3名が本山から任命されて
代表役員として登記されていました。


つまりFは
住職罷免処分を受けた後も
別の代表役員(住職)が選任されている状況の下

J寺の住職としての活動を続けていた
ということです。


Yは僧籍を有しており
Fの後を受けて
J寺の実質的な住職としての活動を
行っていました。




通常であれば
Yは法人登記上代表役員ではなく
住職罷免処分を受けたFから任されていたのみですから

J寺を占有する権限はないとして
Xの請求が認められるのが筋です。



しかし私たちは

Xを代表役員(住職)に任命した
本山管長(法主)Aが
正当な管長(法主)ではない

Aが正当な管長(法主)であるかどうかは

本山の教義に立ち入って判断しなければならず

それは裁判所の役割を超えているから

本件は
「法律上の争訟」に当たらず
訴えが却下されるべきである

と争いました。





結論としてどうなったか。

一審はこちらの主張が認められて勝訴しました。
裁判官は思いきった判断をしてくれました。


しかし
控訴審でひっくり返されて逆転敗訴しました。
(破棄差戻しとなりました。)

控訴審の判決は
判例タイムズ1334号245頁に掲載されています。



当方は控訴審の判断に不服ありとして
最高裁に
上告及び上告受理申立をしましたが

結論が出る前にYが亡くなられたため
控訴審の判断が確定することになりました。





明日に続きます。







[PR]
by t-nishimura-kflo | 2017-02-21 14:12 | 宗教法人関係

京都の弁護士西村友彦が日々考えたことなどを書いています。


by t-nishimura-kflo
プロフィールを見る