いよいよNFL開幕

今年もいよいよ
NFLが開幕する時期になりました。


NFLというのは
National Football League
のことで

アメリカでナンバー1の人気を誇るといわれる
アメリカンフットボールのプロリーグのことです。



大学時代にアメフトをしていた時には

自分たちとあまりにレベルが違いすぎると思い
4回生になるまであまり観なかったのですが

卒業してからは
とりわけ弁護士になってからは

毎年楽しみに観ています。




私の贔屓のチームは

ニューイングランド・ペイトリオッツ
というチームで

2000年以降で
4回NFLを制覇しており

それ以外のシーズンでも
毎年優勝を争う力を有している強豪チームです。



なぜこのチームを好きなのか。

NFLでは,サラリーキャップ制度があり
各チームのサラリー(給料)の総額が同一に定められていて

日本のプロ野球のように
あるチームはお金があるが
あるチームにはお金がない
といったことがなく

どのチームも同じ資金力で
チーム編成を行わなければなりません。

そのため
スター選手になるとサラリーが釣り上がってきて
他の戦力との関係でその選手を放出せざるを得ない

といったことが生じ
選手の移籍が極めて頻繁に行われます。


とりわけ
優勝した翌年などは

活躍した選手が高額のサラリーを要求し

そのチームでは抱えきれなくなって
移籍する

ということが多いのです。




ペイトリオッツが2000年以降
度々優勝している
ということは

スター選手の移籍も頻繁に行われている
ということを意味しています。


それにもかかわらず
強豪であり続けている
ということは

非常にすごいことなのです。



それができている理由は

ビル・ベリチック
というHC(ヘッドコーチ)と

トム・ブレイディ
というQB(クォーターバック)

の存在です。



ベリチックは

スター選手が抜けた穴に
無名の新人などを抜擢して必ず結果を出し

また,他のチームで問題児として放出された選手を
教育して再生したりして

強いチームを作り続けています。

規律を重んじているため
チームが教育されていて

どの選手も
しょうもないプレイをすることが
ありません。


今年はだめなんじゃないかと思うシーズンにも
必ず強いチームを作ってきます。


どんな状況でも
必ず勝機を見い出し
結果を出す

その姿は
弁護士として見習うべき点が多いです。




そして
そのベリチックの
最も優秀な教え子が
ブレイディです。

準備を怠らず
冷静かつ正確なプレーをし続けています。

様々なNFLの記録を保持している
スタープレイヤー中のスタープレイヤーですが

ドラフト順位も低く
最初から注目された選手ではありませんでした。

しかし
チャンスを逃がさずものにして

それからたゆまぬ努力により
現在の地位を得ています。


チームが強くなるために
サラリーキャップに余裕を持たせるべく
自らの減給を申し出るなど
自己犠牲の精神の持ち主でもあります。

(奥さんが世界一稼いでいるスーパーモデルだ
ということも影響しているでしょうが。)


私と同い年でもあります。




そんなブレイディですが
今年は,一昨年のシーズンの問題が原因で
開幕4試合出場停止処分を受けています。

一昨年のシーズンの問題が原因で
今年に処分を受ける
ということが

日本的感覚ではしっくり来ないのですが

処分が裁判所で争われ

すったもんだのあげく
今年の開幕4試合の出場停止処分を
ブレイディが受け入れることで決着したのでした。



そんなペイトリオッツが大丈夫か
非常に気を揉んでいるところなのですが

とにもかくにも
今年も熱い試合がたくさん観られることを
期待している今日この頃です。

[PR]
by t-nishimura-kflo | 2016-09-07 14:14 | アメフト関係

京都の弁護士西村友彦が日々考えたことなどを書いています。


by t-nishimura-kflo
プロフィールを見る
更新通知を受け取る