アメフトと事件解決の共通点



プロフィール欄にも記載していますが

私は京都大学時代
アメリカンフットボール部に所属していました。

4年間,ついぞ日本一になる目標を達成することはできず
関西リーグを制することすらできませんでしたし

私自身,大したプレーヤーでもありませんでしたが

3回生(関西では「年生」ではなく「回生」というのが一般的です。)
のときには
インターセプト(敵が投げたパスをキャッチして攻撃権を奪うプレー)数で
関西リーグ1位となり

4回生の春には
東西学生オールスターゲームにも出させていただきました。



大学4年間をかけてアメフトに取り組んだことは

現在も仕事に活かされていると思っています。


アメフトは,11人対11人で戦うスポーツですが
攻撃と守備で出場する人間は完全に分かれており
選手交代も頻繁に行われます。

キッキングゲームに出る者も合わせると

1試合で1チーム30~40人程度は出場します。


京都大学は,スポーツ推薦などなく
アメフト経験者も学年で2,3人いるかいないかです。


そうすると当然,他校と比べたときに
ウィークポイントが出てきます。


それをいかに克服して試合に勝利するか
を追求することが

私が京大アメフト部で学んだことの一つです。


すべての点で勝っているのであれば
当然勝利できる(しなければならない)のですが

そうでなくとも
勝機はあります。







弁護士の事件解決も
これと非常によく似ていると思います。

こちらに全く非がなく,証拠も十分揃っている事件であれば
当然勝訴することができる(しなければならない)のですが

そのような事件はほとんどありません。

どこか,ウィークポイントを抱えているのが通常です。

そうであっても勝機は必ずあるはずだと
私は考えています。

事件によっては,ウィークポイントの方が多く(重大で)
勝訴することが極めて困難な事案もあろうかと思いますが

それでも
なにがしか,依頼者の方にご納得いただける解決方法は
存在していると思っています。


その「事件ごとの勝機」を見出すことについて
私の大学4年間の経験が活かされていると思います。

[PR]
by t-nishimura-kflo | 2015-02-12 17:40 | 雑記

京都の弁護士西村友彦が日々考えたことなどを書いています。


by t-nishimura-kflo
プロフィールを見る